スペインのブランド”BOBO CHOSES"から間もなく入荷の18SSのイメージ画像が届きました!!





今期のテーマは “Neverending Summer ”



ジェーン・グドールは子供のころ、チ ンパンジーのぬいぐるみをプレゼントされました。
そのチンパンジーを Jubileeと名付け、Jubileeをかわいがることが
ジェーンが動物を愛することのきっかけとなりました。
4歳のころ、好奇心旺盛なジェーンは卵はどこから来たのかなと考えました。
Jubileeと一緒に卵の軌跡を見るまで鶏小屋に隠れて過ごしました。

成長したジェーンはチンパンジーの研究のため、アフリカのゴンベで生活をしました。

2018 Spring Summer コレクショ ン"Neverending Summer"はグドールの 人生と、質問することが大好きな子供たちの尽きることの無い好奇心にインスパイアされています。 あなたならnever ending summer's day にどれだけの質問を出来ますか?






そして今シーズンからロゴがリニューアルされました。



それに伴い、日本語で「ボボショセス」・「ボボショーズ」など複数あった呼び名を
”ボボショーズ”に統一することになりました。

インスタグラムなどで投稿される際は”ボボショーズ”でお願いします。



なお、Lugのオンライン先行予約の受付は18日(木)午後7時〜となっております。

店頭には週明けの入荷となりそうです。

お楽しみに!!






“ Bobo Choses “ (ボボショーズ) from Spain

Bobo Chosesはバルセロナから 30マイルほど離れた地中海沿岸の Mataro という街にあります。
ビーチから少し歩いた古いおも ちゃ工場の跡地に2つの大きな菱 形が描かれた
ドアの建物がBOBO CHOSESのオフィスです。
Bobo Chosesは2008年、子供 たちの魔法のような情熱的な表情 や言葉を捉えることができる
アパ レルブランドを作り出すというア イディアを持って生まれました。
最初のコレクションのThe Englishman and the Sitting Bull で成功してから成長を続け、
今で は30カ国以上で販売されています。Bobo Chosesのチームは、
子供 たちのために革新的で楽しい世界 を創造するために熱心に取り組ん でいます。
クリエイティブディレクターは創設者であるAdriana Esperalba。 服を特別で意味のある物にするため、
コレクションごとにストーリーがあり、毎シーズン絵本を出しています。 手描きのイラスト、着心地のよいかたち、
選び抜かれた色と素材にこだわりを持っています。
Bobo Chosesは子供の言葉を話します。私たちが大切にするも のは、創造性、情熱、正直さ、そしてユーモアのセンスです。

コメント
コメントする